2階の欠け対策と家相補正について


2階の間取りが欠け相となっている場合どうしたら良いでしょう?

2階の欠け対策の方法はいくつかありますが、建築による対処方法(オカルトっぽいものは除外)について説明します。

家相の考え方として家相の影響は1階より2階の方が小さくなります。
一般的に2階には寝室や子供部屋が配置されますので方位による影響は小さなものとなりますが、欠け相による影響は2階でも発生することがありますので可能であれば対処したほうが良いでしょう。

特に2階に水回り(キッチン、トイレ、浴室)が配置される間取りは1階と同じように考え対処することになります。
2階は1階のように物置を置いたり簡易な工作物を設置したりすることは出来ませんので、補正ができるような状態にする必要があります。

そのひとつの方法として2階の欠け部分にベランダを設置し、ベランダへの出入りができるよう窓を掃き出しに変更します。
その上で三方(二方)を簡易な工作物で閉塞するようにします。
できれば材質は木製がよく、大工さんに作ってもらったり、ホームセンターなのでラティスを購入して取り付けてもかまいません。
屋根部分(上部)はしっかり閉塞できたほうが無難ですが、藤棚のようなものでもかまいません。

2階部分の欠け相対策のイメージとしてはこんな感じになります。
2階の欠け補正
屋根を付けて側面を板張りにしています。
屋根は完全に塞ぐのではなく側壁のように隙間が空いているイメージです。
勾配を付けてしまいましたが、水平でも全く問題ありません。

2階にベランダを設置するメリットしては、1階部分の欠け相対策も一緒にできることです。
1階部分の欠け対策(家相補正)の基本的な考え方は、こちらのページ(家相の欠け対策)で説明しています。

最後に
予算の関係から間取りが決まっている住宅を購入しなければならないとしても、できるだけ良い家相の間取りを選んでください。
このブログやホームページで何度も書いていることですが、家相の考えを大切にしたいのであれば凶相の間取りにしてはいけません。
補正あり気での間取り作成はどうしても無理が生じますので、問題になりそうな間取りは避けることが大切です。
家相補正ありきで対処してはいけません。

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。