[居室の家相]部屋の中にもう一つ部屋を作る


居室とは、水回りをのぞく2時間以上継続して作業したり過ごしたりする部屋で、リビング、寝室、子供部屋、主寝室、老人室などとなります。
トイレや台所玄関のように深刻な問題とはならないので後回しになりがちですが、家族が健康でしあわせに過ごすための大切な場所となりますので適切な場所に配置することが大切です。

主人の運気、子供の学業や健康、結婚運、夫婦の関係などの悩みを抱えているのなら、寝る場所を変えるなどして対処できます。
ただ現在の住まいに適切な部屋がないということもあるでしょう。
間取り作成時や部屋を借りるとき、家族の運気や健康に良い部屋のある建物となるよう計画してみてください。

部屋の中に部屋を作る
現在住んでいる家の中に新たに部屋を作ることはリフォームとなりますが、既製品の部屋ユニットを設置することについては家具を置くのと同じですからリフォームとはなりません。
建物(部屋)を壊したりしなければ、例えが悪いですが部屋に犬小屋を置いたり折りたたみのテントを広げるのと同じということです。

天井までのユニットで扉などで完全に閉塞するようなものは、場所によっては凶作用が発生する可能性がありますが、宅心・宅心エリアや鬼門、裏鬼門と家族の方位を避けておけば大丈夫でしょう。
既成の部屋ユニットの使用用途としては、家事室、書斎などが適しています。
長時間使用するには不向きの場所ですので、1日中いるような仕事をする場所には向いていません。

ベッドルームとしてこの中で寝ても良いのかという質問がありましたが、これはモノによるでしょう。
一方が大きく開放されているのであれば就寝する場所として大丈夫だと思いますが、四方が壁と建具で閉塞されているのであれば通気が全くない部屋となるのでやめてください。

今回のテーマとずれますが、押し入れで寝ても良いのかという質問もありましたが、もともと寝る場所ではないのでやめてください。
致し方なく使わなければならないとしても、必ず建具を外して使ってください、建具を閉めて使用することはやめることです。

最近はライフスタイルの変化に対応できるような既成のユニット家具などが出てきていますので、リフォームだけにとらわれず柔軟に考えてみてください。

[追伸]
有料家相診断は、家族が健康で幸せになるための方法をアドバイスしています。
良い家相とするためにどうしたら良いのか、あなたの家が吉相の家なのか知りたい方はご利用ください。
有料の方は建物完成まで優先で回答しています。

http://harikake.com/kasounows/mail3/index.html

部屋の中の部屋

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。