3階建てにて建築する際に特に注意する事。


3階建てに関する注意する事。該当する方は参考にしてください。

1.隣地との空地空間が狭小であれば、陽射及び通風の良い影響力を受けること
が弱小となります。
良気が発生するような対処と、地場からよくない気が発生しない対処法をする事。

2.2階にキッチン、浴室など水回りを設置する際には、1階居住室によくない
影響力が作用しないよう、汚水及び給水などの配管経路の判断と布設管の防露防
水の対処は大切に。

3.家相は、地場と接する1階が大切となります。
可能な限り細い間仕切りは避け、通気性を大切に。

4.欠け形体を形成する階段は、3階構造にて、大きく影響力が発生します。
少しでも弱小とする為に、可能な限り北東エリアに配置する。
ただし、階段上り口は、北東中心線が指標されないエリアとする。

5.地質の地耐力調査を的確に為し、地耐力に適した基礎工法とし、風、地震
の自然影響力に構造強度上問題が生じないようにする。

6.その他は、家相を良相とする事項に基づいた間取りとする。
尚、2階を主たる共用居住のスペースとする場合には、東南及び南エリアのバル
コニーの設置は大切に。

この内容はホームページ内にも掲載してあります。 😉

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。