間取り作成と正中四隅の家相


新築注文住宅を計画中です。予算の都合上、広い間取りがとれず、配置に悩んでいます。
半年近く悩んでますが、やっと積めた間取りを2パターンにしぼり、迷っています。
アドバイスを下さい。
1つめのプランは、北西の正中線上にどうしても1階トイレ便器がきてしまい、その上階が私(****年**月生まれ女)の寝室になってしまいます。
そして、キッチンが北東です。

2つめのプランは、北東にトイレが来ますが、便器を正中線からは少しはずすことはできます。
しかし、北方向の正中線上にキッチンコンロ中央がきてしまいます。
この間取りでキッチンを移動すると、北西の正中線にキッチンがぶつかり(コンロと流しの間を通る、15度以内には重なる)、かつ私の寝室の階下にキッチンが来てしまいます。
どちらのプランの方が、凶要素をカバーしやすいでしょうか?カバーの方法も教えていただけると助かります。

回答
今回の質問のポイントは、正中線四隅線をどう考えるかとなります。
家相入門のキッチン(台所)とトイレ(便所)のページです。
http://harikake.com/htm_kaso/kihon_59.html
http://harikake.com/htm_kaso/kihon_60.html

今回の間取りの場合
プラン1
△北西のトイレ
●北東のキッチン

プラン2
●北東のトイレ
△北のキッチン

家相を判断するとき、まず方位エリアの良し悪しを単純に判断します。
例えば
正中四隅線とかは考えずに、北西エリアのトイレと北東エリアのどちらが良い方位か判断すれば、北エリアとなりますし、
同じように、
北東エリアのキッチンと北エリアのキッチンの良し悪しを判断すれば北エリアのキッチンとなります。

どちらのプランも一長一短ありますが、キッチンが北東にあるプラン1の方が対処はしやすいように思います。
鬼門対策としてはこんな方法がありますので参考にして下さい。
http://harikake.com/kasou/kimontaisaku.html

家族構成がわかりませんが、北西エリアは主人の方位となりますので他に核(家計を支える人や主権者)となる家族いる場合は、主人が2人いるような形となりますので和を尊ぶ姿勢で生活することが大切となります。

トイレやキッチンの上に居住することについては、物入(押入)などを上に配置できれば良いのですが、床を二重貼り(合板)にするなどして階下の老廃気が入り込まないようにすれば問題は起きないと思います。

※トイレが汲み取り(簡易水洗)の場合は、便所全体が不浄となり便器の位置をずらす対処は意味をなさないので注意して下さい。

あなたの生年月日が正しければ一般運気は西方位、健康方位は東方位となります。
この方位にある部屋が核となる場所となりますので、通気を良くして清浄となるよう心がけると良いでしょう。

今年はあなたの運勢そのものが変化の年となりますので、相続(結婚含む)転職、住宅の建築などの話がでやすい年となっています。
今までの安定を壊す事をしやすいので、十分に気をつけて計画を進めて下さい。

和室

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。