釘、金物について


部屋の壁に何かを掛けたり吊ったりしたいとき、釘やネジを打ったり金物を取り付けます。
また、コード類を部屋から部屋へ通すときはステープルなどで留めたりもします。

化粧柱や化粧長押床柱などに金物を取り付けるようなことをすれば問題となる事もありますが、常識の範囲で部屋の中に金物をとるけることについては、家相として懸念となる事はありません。

金物を取り付ける際気をつけた方が良い場所として、宅心エリア内の釘金物です。
先ほども書いたとおり、取り付けること自体は懸念となる事はありませんが、そのまま放置しておくことは避けた方がよいでしょう。

使わなくなった釘金物はそのままとせず、取り外しておくようにして下さい。

ボード用の吊り金具は取り外してもあまり目立ちませんが、釘金物類は釘穴が目立ってしまいます。

釘穴については専用の補修剤で補修するか、爪楊枝のような木材を詰めて切断しペーパーなどで磨いて補修したりします。

釘金物そのものは家相の優先順位としては下の方となりますが、部屋に飾ったり取り付けたりする物を確実に固定する大切なものです。

取り付け方が悪く、ぐらぐらしたり抜け落ちたりするのはよくありません。
工事前に下地を入れるなどして補強しておくよう、ハウスメーカーや工務店とよく打ち合わせをしておくことです。
釘金物

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。