通し柱の無い建築工法と家相


家の建て替えをするのですが、一流のハウスメーカーの中から選んでの建築を予定しおります。これらのメーカーの住宅には、木造でも鉄骨でも通し柱の無い建物が多く見かけられます。

これは現在の柱の締結技術を持ってすれば、構造強度的には問題が無いので良いと言うことでしょうが、通し柱を持たない「お神楽構造」は、家族の不祥事や諸事の不和、離散等を引き起こすとも言われており、この家相面での心配はする必要は無いのでしょうか。

回答

質問されている、建築工法として通し柱が有から良い、無いから悪いというものではありません。

「お神楽」とは既存平屋建物の屋根を撤去し、直接二階を増築、あるいは建物周囲に柱を立てて二階を増築することを言いいます。

この様な居住後の平屋への増築工事は、建物として強度が不足する事が多く、建築として避けたい工事方法です。

家相としても、天井を切りき開き、階段を取り付けることで家相が変化し、運気に影響が出ます。そして居住しての工事ともなれば、工事による方位の影響も発生したりと、よい事は一つもありません。

もし将来、お神楽工事を前提で計画をいているのであれば、どの工法であっても避ける事です。

御回答ありがとうございました。

新築で二階建ての場合は、通し柱がなくても家相上は問題無いと言う事で良いのでしょうか,

回答

例えばツーバイフォー(枠組壁工法)やユニット工法、PC工法などは通し柱がありません。

この様な、通し柱の無い工法で家を建てる事についての良い悪いはありません。。

尚、在来工法の住宅メーカーが独自に考案した、通し柱を使わない方法である場合も同じ判断となります。

ただし、強度として問題が有るか無いかについては、こちらでは判断できません。

 

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。