角地の土地相

土地・敷地・周辺環境

殆ど真北と殆ど真東に共に6mの公道。
北に小さな水路あり。
北東角地同然です。
東側の道に侵入する際の道が緩やかなクランクになっていて
敷地にぶつかる感じで北と東の道に繋がります。
道の長さは短く利用者は分譲地内の人だけくらいと思います。
隣接する北の道に畑があり遮るものがありません。
北東角地と路刹のダブルと考えて良いでしょうか?
挟まれる事もないので開放間があると思いましたが、
開放感より、ひとつ南の土地が空いているので切り替えた方が良いでしょうか?

回答
北東の角地と書いている意味が不明ですが、
四辻の東道路北道路となる場所の土地であれば、
懸念はないと思います。

敷地にぶつかる道路は、「道路の長さは短い」と書いていますので、小規模の分譲地のようです。
計画の際門や玄関の位置と正対しないのであれば、
短い行き止まりの道路ですので懸念はないと思います。