袋小路の土地


袋小路の土地とは通り抜けることができず、行き止まりとなってしまうところにある土地のことです。

一番奥まった所にある土地はもちろん、その途中にあれば袋小路の土地となります。

特に奥まった所にある土地は道路がまっすぐにぶつかる路殺となる事が多いので新規に購入することは避
けたほうが無難です。

袋小路の質問で多いのが一番奥の土地が空き地になっている場合でどう判断したらよいのかというもの。

袋小路

確かに空き地になっていれば開放状態となっていますので、車は無理でも人が通り抜けできるようであれば検討の余地はありそうです。

開発が進んでその空き地の隣地に建物が建てば閉塞状態となりますし、仮に田んぼや畑で建物が建つことが難しいとしても水路や川池などがあって渡ること(通り抜け)ができなければ閉塞された土地となります。

袋小路となっている場所は防災や防犯の面でも懸念がありますが、このような場所はよくない気や魔が通り抜けることができず滞留ししまい、磁場の不安定な場所となってしまうことがあります。

また、道路付けや周辺の建物の立ち方によっては一種の対立相となり人間関係などによる近隣トラブルがこのような場所は発生しやすくなります。

家相入門で何度も書いていますが、このような閉塞空間は居住環境が劣悪になりやすいのです。

また、新規の造成の場合は袋小路を好む人たちが集まってきますので、本質的に問題が発生しやすくなります。

難しいとはお思いますが、このエリアに住む住人全てが良い環境となるよう心がける事が大切となります。
袋小路

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。