表札の位置

家相と間取り

玄関引き戸の右の柱とバルコニーの支柱が真正面(バルコニー支柱のまん前)から見ると柱の位置が一直線上で目線が重なっているので、玄関引き戸右に隣接した柱に表札を付けると表札のまん前にバルコニー支柱がある形になります。

家相上、良くないのか心配です。

回答

表札を取り付ける位置についての質問ですが、文面だけでの判断は困難ですので方位指標をして陽の気が発生する方位を指標して、そのエリア内に取り付けることです。

結果として陽の気(発育発展の運気)が得られます。

玄関と接道している距離が短いのであれば、接道している陽の気が得られるエリアに門柱を設け、姓だけ記したものを取り付けるのも1つの方法です。