[家相と建物の配置と玄関位置]表と裏に道路がある土地。建物の配置について考える


理想の家相というものは確かにあるのですが、すべての土地でそのような間取りの家が作れるとは限りません。
家相の考えを大切にすることは良いことなのですが、あまりにこだわりすぎるとおかしなことになってしまいます。

たとえば、玄関は外部から見えたほうが良いので道路側にあったほうが良いのですが
吉方位の配置にこだわりすぎて、奥まったところや外から見えないところに配置すれば逆に凶相となってしまいます。

建設予定地に道路が1つと言った土地形状であれば、家相の考えに則って計画すれば問題が発生することはないと思います。

ここ最近の相談の中で多かったのが土地の表と裏に道路がある土地についての質問。
※角地のような土地も道路が2本ですが、道路がつながっているのでちょっと違います。

相談内容は引っ越してきてから運気が下がってきているような気がするというもの。
利便性だけを優先させてしまったため、社会性の窓であるべき玄関がはっきりしなくなっているという状況。

土地の表と裏に別々に道路がある場合、駐車場を玄関側の道路と反対側につくり
そこに勝手口があれば、ぱっと見貧相な玄関の家と思われてしまい家運を下げる原因となってしまいます。

また裏と表で自由に出入りができるので、近所のコンビニなどに出かけるときは便利でしょうが、このような使い方は家相では2つの門となります。
2道路吉凶
2つの門は主(あるじ)が2人以上という暗示となりますので、門位置の吉凶にかかわらずその家での対立争い(親族の争い)を招くことになります。

ただ着工前であれば、2つの門にならないようにすれば良いわけなので、
建物の配置、駐車場の設置場所、外構計画でなんとでもなりますから、むやみに心配する必要は無いと思います。

実はもう住んでいるんだけど……

という場合はちょっと困ったことになります。
外構工事をやり直すことが一番ですが現実的ではありません。
そのままでは良くないので、その物件に合わせて便宜的な小規模の工事で対処することになります。
何も変えないで対策するのはちょっと難しいような気がします。

欠け相の対処と一緒でやり方はいくつもあるのですが、「分離の法」をうまく使って行うのが一般的だと思います。

最後にこのような裏表に道路がある土地は両方の道路を使うことは考えず、どちらか一方を閉塞する方向で計画をすすめることが大切となります。

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。