築山と家相

家相に関する質問で庭に石や土で築山を作りそこに樹木を植え育成したいというものがあります。

家相の考えでは、築山に限らず敷地内に高低差を作る事は避ける事が基本となりますので、やめた方が良い事になります。

どうしても築山を作るのであれば、十分な庭の広さがあり築山に適した方位で建物との距離を十分に離す事ができなければなりません。

そして、築山の高さ(高低差)は1メートル以下に抑える事になります。

築山を作る方位エリアとして
北正中エリア、北東四隅エリア、西正中エリア、北西四隅エリアとなります。
この中でも、北東四隅エリアと北西四隅エリアがよい場所となります。

作らない方が良い場所としては、東正中エリア、東南四隅エリア、南正中エリア、南西四隅エリアとなります。

作って良い方いいが、どちらかといえば日当たりの悪い方位となりますので、写真のようなイメージの庭は難しいということになります。

とはいえ、写真くらいの広さがあれば土地を分離するなど色々と方法がありますが、一般住宅ではなかなか難しいと思ってください。
築山