洗面所と家相


現在建築中です。設計の段階で、洗面所の洗面器が北正中エリアにあたるので、北左エリアに変更してもらいました。
ところが施工会社の伝達ミスで、出来上がった基礎を見ると、配管が北正中エリアのまま変更されていませんでした。
今後、洗面器のみを北左エリアに変更し、正中の配管に接続することは可能ですが、
洗面器のみを正中エリアから外しても意味はないでしょうか?

浄化槽ではなく、本下水道の配管です。
①洗面器も配管も北正中エリアにする。
②洗面器は北左エリアで北正中の配管を使う
③洗面器は北左エリアで北西の洗濯機の配管につなげる。
どのように対処すればよいですか?

回答
床面より配管が立ち上がる位置を、北正中15度エリアから外す事ができるのであれば、
家相として影響は少ないと判断します。

それ以外の方法は、変更にお金がかかるだけで効果は少ないと思います。
図面を見る必要はありますが、洗面所は水回りとしては老湿気などの発生が少ない場所ですので
北エリアの洗面としてみれば、それ程気に病むことはないかもしれません。

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。