母屋と離れの家相


母屋の東に離れを建てる予定です。
ほぼ南北に長くなり、母屋から見ると東北の鬼門に北の方がかかります。

離れの中心から見て北にトイレ、風呂、キッチンなどを取ろうと思っているのですが、大丈夫でしょうか?
さらに、その外側にガスボンベなどを置くことになると、母屋からの鬼門に入るので、置いてはいけないですね。

浄化槽を北にせざるを得ないので、離れの東にこれらを持ってくると、排水が鬼門エリアを通ってしまいます。

いくら考えてもよい案が浮かばず悩んでいます。どうか教えてください。


回答

既存建物との距離が不明ですが、相談の建物はトイレ台所浴室などがあるので、この建物は別棟(新築一軒家)として判断

主従の関係は、建物の規模使用状況により変わってきます。

一戸建ての新居として建築するのであれば、申請時に土地を区分するはずですので、

そのライン上に便宜的に低木の植樹や低い柵などをして区分することで、既存建物とは別の土地に立つ建物とします。

このような方法をとれば、既存建物との関係で悩むことはなくなります。

なお、既存建物との距離が十分に離れていれば(既存建物の高さ程度)、特に気にする必要はありません。

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。