欠けの判断の仕方


家相に関する質問の中で多いのが、欠けか張りか分かりませんというものです。

四角い建物の一部が欠けているのであれば、簡単に分かりますが建物形状が複雑になればなるほど分からなくなります。

kake
私ですら一目見ただけでは分からない事もありますから、初めて判断する人にとっては一苦労だと思います。

以前書いた記事(質問への回答)の中でも書いていますが、このような欠けで迷った時は建物の中心を求めて家相盤を当ててみるとよくわかります。

たとえば、複雑な形の間取りがあったとして、何となく欠けているのは分かりますが、どこから欠けでどこからが張りなのか分からない事があります。
tadankake
そこで建物の中心を求めて家相盤を当ててみます。

tadankake2

そして、左上と右下が張り出している事も確定できます。

次の間取りも同じように家相盤を当ててみると、(1)の部分が欠けている事が分かります。

kakesou1
最初の例のように左上は張りですが右下の張りでている部分は3分の1を超えているので(2)の部分が欠けと判断することになります。

中心の求め方については、こちらで説明していますの確認して下さい。

曲線の建物でもないかぎりは作図の繰り返しですので、それほど難しくはないはずです。

それでも分からない場合は、無料相談も行っていますので利用して下さい。
ハウスメーカの間取りとかマンションの間取りであれば、その間取りが載っているURLを教えて下さい。

フリー設計の場合も、あなたのホームページとかブログに公開してそのURLを教えて下さい。

なお無料相談は私のサイトやメルマガで公開となりますので、同意いただける方のみとなります。

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。