果樹について

外構やエクステリアの家相

植物を植えることは良いことなので、どんどん植えた方が良いのですが
大きな実のなる果樹は土地の気を吸い上げ不安定とするので一般家庭では避けた方がよい樹木となります。

特にぶどうやキウイのようなつる性の果樹は果樹棚で育てるので、たなを大きさによっては庭全体を覆うことになるので避けた方が良くなります。

特に狭小地に植えることは、その家の家運を下げることとになるのでどのような理由があっても植えることは避ける事です。

どうしても果樹を育てたいのであれば、大きな土地を用意して建物との距離を十分に離した上で育成することとなります。

鉢植えの果樹についても基本的には止めた方が良いでしょう。

花の咲く樹木は実のなる植物が多いのですが、小さな実で食べることができなければ気にする必要はありません。

小さな実で食べることができるのであれば、建物との距離を十分にあけて植えた方が無難となります。

実がならない樹木だと思い植えたら大きな実がなってしまった。
というような事にならないよう、園芸店でどのような花が咲き、花の色やどのような実がなるのかはよく確認しておくことが大切です。
果樹