方位と移動


家相入門では、家相とは別に方位と移動も大切だという事を何度も書いています。
方位診断を行っていても、運の良い人は何かしら移動方位について気にされている方がほとんどで、年月の移動で問題となる事は無く、あっても日時といったレベルでの話となります。

運の悪い人はもともと気学や方位の良し悪しについて信じていなので、移動もその時の流れで決めてしまいます。

わざわざ悪い時期に悪い磁場の土地へ行き、家相の悪い家を建てて、大凶方位と言われる時期に入居してしまう・・・
こういうことを平気で行います。

ここでも書いていますが、人は何も考えないで決めると自然と悪い方位を選んでしまいます。
もともと人間はそういうものなので仕方が無いのですが、特に運の悪い人はこの傾向が強く出てしまいわざわざ悪い方位へ向かってしまいます。

周りの人達に言われて仕方なく相談してくれるだけでも、この状況から抜け出すチャンスだと思うのですが、なかなか私のアドバイス通りに移動してくれる人はいません。

工事のアクシデントなどで入居が遅れたりする場合は気の毒と言うしかありませんが、せっかく決めた入居日を理由も無くわざわざ早めたり遅らせたりして、悪い月日に移動しようとする人は年齢性別職業に関係無く多くいます。

新居への引っ越し(移動)は決まっているわけですから…本人が実行するかどうかなのです。

運の悪い人は今まで散々悪い移動を繰り返してきていますので、影響も長期にわたることとなり、良い移動を1回程度したぐらいでは解消することはありません。

それでも意識して良い移動を何度も繰り返し積み重ねてゆく事が大切です。

最初は人から言われて渋々行ったとしても、少しずつ効果が出てくることで自分から積極的に行動できるようになってゆきます。

良い方位へ三泊四日の旅行をしたり、良い方角の神社や寺院へお参りしたり
日々の生活では、悪い方角へ出かけるようなら直接行かず、いったん良い方位へ行ってそこですこし時間をつぶしてから目的へ向かう。

生活の全てでこれを行う事は難しいでしょうが、できることから徐々に増やしてゆくことで良い運気の貯金も少しずつたまってゆき、悪い流れも次第に良い流れに変わってゆきます。

良い運気の貯金がどんどんたまってゆけば、どうしても避ける事ができない悪い移動をする事になっても大難も小難となります。

シンプルな開運法ですが、運の良い人は皆行っている方法ですので研究してみて下さい。

どちらへ向かおう

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。