排水経路と家相


建物からの排水は排水管を通って外部の排水施設(下水や側溝)へ流します。

トイレの汚水は浄化槽(合併浄化槽)である程度浄化したり直接下水へ流すことになります。

最短経路で流すよう排水計画をすると思いますので、間取りによっては玄関の前を通ったりする事も当然あると思います。

基本的には玄関前を横切るような排水経路は避けるべきですが、そのために建物内部を横切るような計画はしないことです。

建物内部を横切ることしかできないのであれば、玄関との距離を可能な限り離して設置する事の方が無難となります。

どちらも悪い場合は、より悪くない方を選ぶ事になります。

玄関前を横切る場合は、木気や金気などを適用して外構計画を行う事になります。

少し前に書いた記事のように、敷地内に排水溝を設置するわけではないので対処は可能だと思います。

分譲地や役所の決まりで、下水とか側溝の流路先の接続場所が決まっている事があります。

鬼門や裏鬼門やよくない方位への接続で避けた方が良い家相だとしても、この場合は変えることが出来ないことになります。

この場合は枡の位置や外構で対処する方法を考える事になります。

よくない方位を避けるために、大きく迂回するような経路計画は非常識となりますので、常識の範囲で一番良い方法を検討する事になります。
排水経路

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。