御神札立て

神棚を祀る場所としては、多少問題があっても神棚を祀ることを第一として考えます。
神棚の下を住人が通るような場所は極力避ける事ですが、マンションのような集合住宅などでは、上階や下階で人が歩きまわるといった事を避けて祀る事ができないかもしれません。
その様な場合は、その環境に合わせて柔軟に対応することも致し方ないのかもしれません。

神棚そのもを取りつけたり、置くことが出来ないといういこともあります。
比較的場所をとらない祀り方としては、札箱や御神札立てを使う方法があります。

これらを使えば、祀る場所としては清浄できれいな場所となりますので、部屋にその様なスペースが少しでもあれば祀る事は可能です。

供え物は、米(洗米)塩、水となりますが、それも難しいのであれば、毎朝毎夕に食べる食事(お弁当、サンドウィッチとか飲み物など)を食べる前に供えることです。

長期の旅行などでは、御神札立てを持ってゆきますが、慣れない部屋でも御神札立てを置き祀ると何となく落ち着くので不思議です。
写真の御神札立ては、近所の神社で買ったもので一つ500円の御神札立てです。
御神札立て
御神札立て