建物改築の家相診断


約9年間借家にしていた物件をリフォームし、移住する予定です。
鬼門に台所がある相談となります。
台所の北側にある勝手口が使いづらかったので、システムキッチンを東から西へ位置変更し、東側に勝手口を設けようとしています。
キッチンのシンクが現在は四隅線エリア(中心線15度)内に少し入ってる程度ですが、リフォームではすべて入ることになります。
しかし、コンロについては現在は四隅線エリア(中心線15度)内に入っていますが、リフォームでは入りません。
シンクとコンロは、どちらを優先すべきでしょうか。
それとリフォームによって勝手口が北東の四隅線上ではありませんが、鬼門にあるのはいかがでしょうか。

回答
玄関の方位としては問題ありませんが、欠け相となっています。
トイレは北西方位で方位としては問題ありませんが、階段室内のトイレとなってい凶相です。
キッチンは北東エリア内となっていて凶相となっています。
キッチンセットの配置については、北東エリア内となっていますので線上にかかるからないはあまり意味がありません。
シンクと火口のどちらを優先するかについては、窓取りや家族の大切な方位により変わってきますが火口になると思います。
北東エリア内に勝手口は持ってこない方が無難となります。
浴室・洗面室は無難な方位となっています。
リビング・和室については問題ありません。


ウチの家は北向きで玄関は北西右エリアです。
それで風呂とトイレが南西方位にあり階段が中央で吹き抜けになっており特にトイレが正中線上に来ています。現在改築を検討しています。

回答
家相に関する質問については、的確な方位指標をした上で、判断することが大切
です。
質問の内容から判断する限りでは、家相としては良相とは思われず凶相です。
アドバイスをするとすれば、まず家族の本命及び健康に関わる方位の自然の恵み
により、得られる自然のエネルギーである精気を知り、一つの方位をサポートの
効果のある二つの方位に、通気が可能となる窓を設け、支合による補正効果を得
て、精気補正をしての対処も一つの方法です。
居住している家の環境を自然のエネルギーの恵みを得て、環境を良好としての家
相を保つことが、最も適した方法です。
質問の内容で特に注意すべき家相は、トイレ・浴室も凶方位の設置となりますが、
まず、欠け構相である、宅心エリア内に設置されている階段を修正することです。
影響力の作用として、病人が絶えることがなく、家運繁栄の地がまったく見えな
い絶家の相となります。
理由として、立体通気の発生のため、スムーズな各方位への平面通気が失われ方
位バランスが失われるからです。
まず宅心エリアを凶意の影響下が発生することのない問題のない家相とすること
です。


南西の欠け相
北東に浴室・洗面所があり、二階のトイレの排水が洗面所の洗濯機横に流れています。
また、南西に欠けがあります。ウッドデッキを設置し、欠け部分の上はベランダで屋根があるような状態になっています。
工事以外で対処できる方法はありますでしょうか?

回答
浴室洗面と2階のトイレの方位は文面から何となく分かりますが、その他の場所が分からないので図面を見ないと分かりません。
できれば図面を画像投稿サイトにアップしてURLを教えて下さい。
欠け部分の上部にベランダがあるようですが、欠け部分の全てを覆っているのであれば対処のしようがあるかもしれません。
移動入居した時期に問題が無かったかも調べておくと良いでしょう。


2つの玄関
一般住宅に玄関が二つあります。
玄関が二つあると凶相とありますがどのように対処したらよいでしょうか?

回答
家相の良し悪しを判断し良い玄関の方を常用するようにします。
もう一つの玄関は閉塞するか施錠して使わないようにして下さい。

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。