建物内の外部収納と家相について

スポンサーリンク

建物内の外部収納と家相について

外部収納についてですが、西、北西より~北西、西よりに階段があり階段下を(西側)外部からの土間収納にしています。外から中には入れません。
外部収納の扉は外壁とつらで欠け込んでたりはしていません。
土間のじてんで欠けになりますか?そして北西は主人に何か悪い影響がありますか?
又、外部収納がダメとなると物置が必要となります。
家の前面にしか設置場所がありません。
東~南が前面で南側にカーポートがあります。東側が玄関です。
東西南北がちょうど対角線場にあり端に置くと30度エリアに入ります。
カーポートと家の間の南側に置きたいですがどうでしょうか?
もう1つ、家の中(床下)を給水管(汚水以外)が通るのも良くないのでしょうか?
風呂、洗面、トイレとキッチンが離れているので床下を通ってます。

回答

建物の一部を外部収納として使用した場合、家相としてどう判断するのかという質問。
この様な外部収納については次のように考えます。

建物に外部から使用できるよう収納をとりつけたものを、家相入門では外部収納と呼びます。
家相の考えを大切にするのであれば,外部収納は設置しない方が無難となりますが、どうしても設置する必要があるのなら次の事を守ることが大切となります。

外部収納が建物内部から使用することができないよう壁などで閉塞すること。
家族の核となる人の方位がこの方位に無いこと。
土間とはせず地場より少し高い床面とすること。
室内の床面が理想ですが、少なくとも基礎高より地場より高い床にすること。
階段下の利用となるので食品などの保管には使用しないこと。

質問ではすでに外部収納が設置されているようなので上記の要件を満たしているかどうか自分でチェックしてみて下さい。
方位についてははっきりしませんが、配置については問題は無さそうなので,使い方が良ければ大丈夫のような気がします。
南の物置は配置としては良くありません。
敷地の形状から致し方ない場合もありますが、建物内を縦断あるいは横断するような配管計画は避けた方が無難となります。

※家族の核となる方位については家相の覚え書きで説明しています。