家相診断について


家相診断の内容についての質問が来ていたのでお答えします。

家相は建物の良し悪しからそこに住む家族の影響を判断するものです。
相談内容や建物の計画によって変わってきますが、次のような事をアドバイスしています。

配置図があれば土地相の判断。
周辺環境や接道状況や門位置と玄関へのアプローチ。駐車場の位置とそれに伴う問題があれば対処方法のアドバイス。

建物の形状を判断する全体相の診断。
欠け張り、鬼門裏鬼門の建物形状や立面図があれば屋根形状についても家相診断します。

単体相としては、玄関、トイレ、台所や浴室、階段、居室の吉凶を判断。
子供の居室の場所やベッドの向き、神棚仏壇の位置。
懸念となっていることがあればそのアドバイス。

そして、居住する家族の核となる大切な方位を割り出しての家相診断。

建物の宅心は簡略法で求めることが多いのですが、
当方では複雑な建物でも宅心(建物の中心)を正確に割り出すことができるので曲線や張り欠けの多い建物も本来の宅心を知ることができます。

診断したらそれで終わりでは無く、家相診断した建物であれば建物完成まで質問にお答えしています。

途中で大きく設計変更となり全く建物の形状が変わっても一度家相診断しているのであれば、2回目はその半分の費用で診断を行います。

家相診断のサンプルを見たいという要望がありましたが、計画によって内容が違ってくるので今のところは作る予定はありません。

家相診断の詳細についてはこちらをご覧ください

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。