占いとしての家相


家相に関することで抽象的な質問がきていたので整理を兼ねて一寸まとめておきます。
家相の良し悪しは決め事がありますので、それを守れば良い間取りを作ることは可能です。
ただ家族にとって大切な部屋がどこなのか?あるいはどのような影響が発生するのか?などの
占いとしての家相を判断するのはなかなか骨が折れる作業です。

今は共働きや片親だけの世帯も当たり前になっていますので、主人だけの運気が強ければ良いという単純な判断はできなくなってきています。
昔はそれで良かったのですが、今はそのような判断をすると思ったような結果を得られないという事が起きてしまいます。
良いと思われる間取りでも、望まない影響が発生すれば居住する家族にとっては良い家相の家ではありません。

どのような影響が発生するのかをよく知った上で、自分が望む影響を発生させるための方策を考えることになります。

間取りを作成するとき家相に合わせなければいけないのか?という質問がくることがありますが、最初は希望通りの間取りを作成してみることを勧めています。

”運の良い”というか元々の運気が良い方は、意識しなくても良い間取りを作成するもので、逆に運気が低迷している方は何かしら問題のある間取りを作成してしまいます。

現在抱えている問題やこれから起きそうな状況が間取りに現れることが多いので、家相のことは考えず自分の運気を占うつもりで自由にプランを作成してみてください。

あなたが引き寄せようとしているものが良いのか悪いのかを判断し、それが現実となっても良ければそのままのプランで良く。
困るのならその時点で間取りの変更するかどうかを考えればよいでしょう。

家相の良い効果だけを得て家相の制約を避けることはなかなか難しく、工事が始まってからでは対応が出来ないことが多いので、どこかで決断しなければならなくなります。

「家相の考え方を大切にしたい」かどうかもう一度考えてみて下さい。


質問
玄関ポーチの上は2階のベランダがあり雨除けなど屋根代わりになっています。
玄関ポーチの左右には柱があり壁とかはありません。
この左右の柱は2階のベランダとつながっています。この場合、玄関は張り欠けどちらなんでしょうか?
また、欠けの場合、何か対策はありますか。
壁などは作れないので、植樹とか盛り塩など何かありましたらお願いします。

回答
図面がないのでこの文面だけでは張り欠けの判断は出来ません。
欠けの対策については私のサイトで詳しく説明していますので参考にしてください。
欠け相対策の基本は欠けを無くすことです。家相の考えを大切にしたいのであれば、間取りの変更が一番の対策です。
補正はあくまで補正ですので、欠けを無かったことにできるわけではありません。
そのことをわかった上で補正方法を決めてください。

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。