室外機と家相

エアコンを取りつける際、室外機の設置場所をどこにしたらよいのでしょうか。

室外機はエアコンからの距離が遠くなると効率(エアコンの能力)が悪くなるので、あらかじめ設置場所は良く検討しておくことが大切です。

設置場所としては、各方位の正中15度エリア、四隅15度エリアを避けた場所に設置します。
可能であれば、北東方位、南西方位も外した方が無難ですが、部屋の場所によっては難しい事もあるので、正中四隅をまず優先して下さい。

室外機の風は燃焼による排気などでは無いので、老廃気による影響を気にする必要はありませんが、温風や冷風がそのエリアに留まらないよう風が通る場所に設置するなり、その様な環境として下さい。

特にベランダへの設置は、廃熱が留まらないよう気をつけた方が良いでしょう。

家相の優先順位としては、室外機はそれほど高くはありませんが、温風(冷風)や騒音(振動)を発生させる設備機器ですので、設置場所に注意するに越したことはありません。

設置した後はそのままとする機器ですので、機器周りがゴミなどで不浄とならないよう定期的な清掃は心がけて下さい。

室外機カバーについては、何が良くて何が悪いということはありませんので、木製でもプラスチック製でも好みのものをつけて下さい。

室外機