室内窓と家相


ここで言う室内窓とは、ドアの小窓や間仕切り壁の窓で人がそのまま通り抜けることができない建具となります。

家相の優先順位としては低いのそれほど気にする必要はありませんが、宅心エリアと吹き抜けの室内窓は注意して下さい。

なお、窓枠だけで建具の入っていない穴も室内窓の種類として分類します。

室内窓は、明かり取り、人がいるかどうかの確認、物の移動、デザインなどの用途で取り付けられます。

窓の種類としては、はめ殺し型、開閉型、建具無し(穴)型となります。

開閉型の建具は、引き戸、片開き、両開き、上げ下げなどの一般的な窓形状です。

はめ殺し型
はめ殺し窓は開閉ができませんので、隣接する部屋の用途による影響を受ける事はほとんどありません。

ただガラスがはまっていますので、部屋の中の様子は型板ガラスでも何となくわかってしまいます。
壁を通して視線が通ることは避けた方がよいので、ガラスは透明では無く型板ガラスやすりガラスなどにしてできるだけ視線を遮るようにする。

開閉型
開け閉めのできる窓を壁に取り付ける場合は、室内の用途に気をつけて下さい。
部屋の用途によっては老廃気や老湿気などが流入する穴となってしまいます。

特に吹き抜け内の開閉型の窓は、吹き抜けの影響を呼び込んでしまいますので吹き抜けに面した部屋の壁には開閉型の窓は取り付けないことです。

建具無し型
壁に穴が開いた状態となりますので、隣接する部屋の影響を受けやすくなります。
作業などで使用する場合でも使わないときは、カーテンやスクリーンなどで視線が通らないよう目隠しをしておくとよいでしょう。

宅心エリア内に入っていなくても、建具無し型の窓を取り付けることで隣接する部屋の影響を受けそうな場合は良し悪しをチェックしておくことが大切です。

はめ殺し型でも書いていますが、壁越しの視線は通らない方が良いのでガラスを変える事で対処して下さい。

また、室内窓を取り付けることで建物外まで見えるような場合は、窓位置をずらすか同じようにガラスを変えることで対処します。

写真のような、吹き抜けホールの室内窓は吹き抜けの影響を受ける事がありますので、どうしても開閉する必要がある場合を除きはめ殺し(FIX窓)としておいた方が無難だと思います。
室内窓

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。