室内ドアの位置と家相

室内ドアの設置については、家相の影響力を考えればとくにこの方位に設置してはだめだとか、吊り元はどちらが良いというようなことはありません。

基本的には使い勝手で決めて良いと思います。

室内ドアの家相で気をつけなければいけないことがあるとしたら、向かい合う部屋のドアを対面させないということです。

ただし、他の家相、例えば張り欠けや鬼門裏鬼門、水回りや玄関に優先するようなものではありませんので

さぁ大変と、上記の家相のことをすべてすっ飛ばしてドアのことばかり熱心に検討するようなことは止めて下さい。

廊下の短い間取りですと対面することが起きやすいのですが、張り欠けや鬼門裏鬼門に優先するようなことではありません。

家相の優先順位の低い事でも、気になってしかたがないこともありますが基本となる部分を良相とした上で考えることです。

「ドアは対面させない、でも他の家相に優先するものではない」
ということです。

ドアと廊下