宅心・宅心エリアの台所の家相


新築(平屋)を検討しています。家族構成は夫(31歳)、妻(34歳)、長男(11ヵ月)です。

土地が北東部分が大きく欠けたL字型となっています。
建物はやや東西に長い長方形を考えています。
また、間取りでほぼ決まっているのは、玄関は東、南東は和室、南にリビングです。
ですが、南側にリビングを配置すると宅心に台所がきてしまいます。
また、水回りも北西か北になってしまいます。
このような場合、どう補えば吉相となるのでしょうか?教えていただきたいです。

回答
図面が無いので文面だけの家相診断となります。
土地の形状がL字型とありますが、旗竿なのか土地の一部が飛び出しているかによっても判断は変わってきます。

道路の位置関係や高低差、周辺の状況が不明なので良し悪しの判断はできません。
ただ建物の形状は長方形に出来るようなので、十分に余裕を持って建てられる土地のようです。
なので、土地の形状が凶相だとしても外構や植栽などで対処は出来そうな気がします。

東方位の玄関は良い方位エリアの配置となりますので、問題は無いようです。
和室とリビングの方位もこの文面を見る限りでは問題ありません。

台所以外の水回りは北西エリアから北エリア内となっているようですので、一応問題はなさそうです。

トイレの位置は書いてありませんが、水回り中に含めているのであれば同じく問題はなさそうです。米このブログでも書いていますが階段下のトイレは凶相です。

さて宅心に台所が配置されているとのことですが、
台所内に宅心があるということは、宅心エリア内に台所が入っていることになります。

文面を読むと検討中とありますので間取りの変更は可能なように思いますので。
家相の考え方を大切にしたいのであれば、宅心・宅心エリアの台所は止め間取りの変更をした方が良いと考えます。

少なくともキッチンセットのシンクと火口の位置を宅心エリア外に出すような設計変更だけでも検討してください。

台所の方位としては、東エリア、東南エリア、北西エリア、北エリアとなります。
図面があれば送ってください。送り方はこのブログに書いてあります。

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。