土用について

土用というと「土用の丑の日」で夏にウナギを食べる日というイメージだと思います。

夏のイメージが強い土用ですが、土用そのものは春の土用、夏の土用、秋の土用、冬の土用と年4回あります。

各季節の土用の期間としては

春の土用 4月17日ごろから5月4日ごろ
夏の土用 7月20日ごろから8月6日ごろ
秋の土用 10月21日ごろから11月7日ごろ
冬の土用 1月17日ごろから2月3日ごろ

その年により少しずれることもありますが、だいたい上記の期間となります。

土用の期間は、物事が終息する期間であり殺気が強くなり何事も衰えてゆきます。

家相入門ではリフォームなどで居住しながら工事をする場合、特に土用の期間に地場を掘削するような工事は避けるようアドバイスしています。

樹木を植えたり、樹木の伐採や伐根のために穴を掘るような事も気をつけて下さい。

土用の期間に家族にとって凶方位となる場所を掘削するような工事をした場合、土用と方位の方災が同時に発生する事となり

また、家族の核となる方位が位置する場所を工事するのであれば、さらに一般運気や健康運気の影響が重なって発生する事になります。

1度発生した方災については、無かったことにする事はできませんので、居住して工事を行うのであれば始める時期は慎重に選んで下さい。