今からお参りする神社について

家相について

これから神社にお参りしようと考えている方も多いと思います。

お参りしておいた方が良い神社としては

住んでいる地域に祀られている神社(氏神様)

家を建てるときに地鎮祭をした神社
となります。
他に信仰している神様がいれば、そちらも合わせてお参りに出かけるとよいでしょう。

複数の神社へのお参りは特に悪い事では無く、三社参りとか五社参り七社参りなど普通に行われていますので、気にする必要はなくお参りする事が大切となります。

地元の神社ならお正月でも地元の人だけですので、ゆっくりとお参りする事ができます。
私はカップ酒を持って出かけます。
拝殿前でカップ酒のフタをあけお酒の香りがひろがったかなぁと思う頃合いにお参り。
家族と家族が関わる人達の幸せを祈ります。

忘れがちなのが、地鎮祭をした神社へのお参り。
地鎮祭そのものは気になって行っても、住んでからのお参りがおろそかになっている家が多いようです。

地鎮祭をしていれば、神社の御魂を分けていただき家の基礎部分に埋めています。

地鎮祭を行って神様が床下にいる事など普段の生活では忘れているかもしれませんが、1年の間色々な災難から家を守っていただいたわけですから

1年に1度ぐらいはありがとうございました」と家族全員でお参りにでかけてみてはどうでしょう。

お参りしなかったからいけないと言う事はありませんが、お参りをしなかった人(家)よりは良い事があるかもしれません。
初詣