マンションの覚書


マンションの間取りで家相の良い間取りを探す場合、北東方位(鬼門)南西方位(裏鬼門)の良し悪しが大切となります。この方位に玄関や、トイレ、大泥湖などが配置されている間取りは避けた方がよいでしょう。また購入する部屋がマンション全体の中でどの方位にあるかも検討する事が大切となります。ただし、全てが良いマンションはありませんので70点位を目処にして下さい。

マンションを購入する場合、家相の良い間取りを探そうとすると困難な状況になることが多く時間ばかりかかってしまいます。間取りを選ぶポイントとしては、3階位までの物件とし、宅心エリアにトイレキッチンなどが無い事が望ましく、極端な張り欠けも無い方が良いでしょう。マンション全体の居住宅の位置としては、土地心から見て北東、南西方位の居住地は避けてください。

家相風水と居住階。マンションなどを購入する際、意外と気にしないのが居住階数です。高層階の方が周囲からの視線もなく快適のように感じますが、家相の考え方としては地場(地面)に近い方が良いと判断します。階数としてはできれば3階までとし高層階には居住しない方が良いと思います。外国の例となりますがイギリスでは、高層住宅の上層階に住む人は、低層階の3倍神経症にかかりやすいとして、6階以上の公営住宅の建築は制限しているようです。
マンションアパートの家相について

家相診断

計画中の建物の家相診断、建築中の建物だけど家相が悪いかチェックしたい。
現在居住している建物の家相の良し悪しを知りたい。
引っ越し時期はいつが良いのか、悪かった場合の対処方法のアドバイスなどをしています。
家相診断の費用は12,000円。家相診断した物件であれば竣工までアドバイスします。