すぐに腐るウッドデッキ

補正で設置したウッドデッキが耐用年数を経ないうちに腐るという話が時々あります。
家相を見た時点で懸念のある場所と判断し、ウッドデッキなどの木製の工作物で適用したわけですが、老湿気の影響が大きいとこの様なことはあります。

木製品が腐るということから、この場所が家相として悪いという判断そのものは間違っていないわけです。

間取り作成の段階で打ち合わせをしてゆけば、この様なことは起きにくいのですが、すでに間取りが決まっている場合は対処しきれないことはあります。

何が影響しているのか根本的な問題を現地調査し、対処を練る事になります。

リフォームなどの間取りの変更は難しいので、
この様な場合、植芝や低木の植樹やプランターに植物を育成するなどの方法を使います。

上手く育成できなかったり枯れてしまうのであれば、

木気を使えない場合、方位エリアにもよりますが金気を適用する事も考えなければいけなくなります。

家族構成によってはあまり効果が出なかったり費用がかかるのが難点ですが、外構により対処するという方法もあると言うことを覚えておくとよいでしょう。

バルコニー